まつげエクステの注意点

まつげエクステは、自分のまつげに人工のまつげを専用の接着剤でつけることで、元々まつげが長いような自然な目元になると人気を集めています。
メイクをしなくても、ぱっちりとした目元になるので華やかになり、ビューラーを使わなくても、まつげのカールを維持することができます。


まつげエクステは、水に強いので、運動やお風呂に入っても取れにくいなど、メリットばかりが強調されていますが、注意点もあります。



まず、たくさんつけた方がいいという思い込みがありますが、そのようなことはありません。

初めて装着する場合は、片目につき50本を目安にしましょう。



つけまつげはまぶたにつけますが、まつげエクステは自分のまつげにつけます。

そのために、たくさん本数をつけすぎてしまうと、重みで目が小さく見えてしまいます。


まつげの本数が少ない人は無理につけすぎないようにしましょう。



そして、カールの状態も大切です。


カールが強い方がかわいい印象を与えますが、お人形のようなイメージになるので、ナチュラルに見せたい時は、カールが少ないものを選びます。

同じまつげエクステでも、まぶたや目の状態によって、見た目は大きく変わります。
一重や奥二重の人は、つけているときと印象が変わることがあるので注意が必要です。

さらに、まつげエクステの施術には美容師免許が必要になります。

接着剤が目に入ってしまうと、角膜を傷つけてしまう原因になるので、安いだけでなく、きちんとした施術をしてくれるところを選びましょう。